あなたはどう思う!?カタログギフトのメリット・デメリット


カタログギフトのメリット

最近目にすることが多くなったカタログギフト、皆さんも一度は手にしたことがあるのではないでしょうか。

カタログギフトのメリットは何といっても、好きなものを選べるところですよね。

どんな商品が掲載されているのか、ページをめくるワクワク感も楽しめます。

自分のライフスタイルに合ったものを選べるので、従来ありがちだった「家の隅に放置される」「処分される」といったことがなくなります。

せっかく選んだ贈り物が活用されないのは悲しいので、これは贈り手が特にメリットと感じる部分かもしれませんね。

贈り手としては、贈り物を選ぶ時間と労力も削ることができるので良いこと尽くしです!

カタログギフトのデメリット

カタログギフトのメリットがある一方で、デメリットについても考えてみたいと思います。

受け取る側が感じるデメリットとしては、選ぶのがめんどくさい、普段自分で選ばないような物が欲しい、誰からのギフトか分からなくなるなどが挙げられます。

カタログを開いて商品を決め、発注しなくてはなりませんから、忙しい方だと時間が取れず後回しになってしまいます。お年寄りにはハードルが高いかもしれません。

また、選んで貰った商品の方が気持ちがこもっていると感じる人もいそうですね。

贈り手側のデメリットとしては、カタログギフトの値段がすぐに分かってしまうことぐらいでしょうか。

メリットとデメリットは表裏一体ですので、ギフトを送るときには相手の性格や年齢によってうまく活用したいものですね。

カタログギフトはたくさんの選択肢の中から好きな品物が選べるのが特徴で、新しいタイプのギフトとして人気です。