新型の電子タバコに移行する人続出中!従来型の紙巻きタバコとの違いや選び方について


従来の紙巻きタバコと新型の電子タバコの違いは何!?

近年ではあちこちのお店で電子タバコが販売されるようになったので、身近な存在ではあるけれど、まだどんなタイプのタバコなのか、実はまだ知らないという人も多いのではないですか?そもそもタバコというと“紙巻タバコ”を指すことがほとんどでしたよね。紙巻タバコは葉タバコを原料にしたもので、それに点火して燃焼させて煙を吸うのを愉しむタイプです。

一方でここ最近急速に広がる電子タバコは、リキッド(液体)をバッテリーで加熱し、エアロゾル化させたものを吸入して愛好します。国内で販売されている電子タバコ用の液体は、タールなどの有害物質が含まれていないため、健康への悪影響を抑えられとされています。健康上のことを考えて、従来の紙巻きタバコから電子タバコへ移行する人は今増えています。

初めての電子タバコは使い捨てタイプがおすすめ!

初めて電子タバコを選ぶ人は、種類の多さに驚く人も多いでしょう。そんな中で、電子タバコにするかしないか現時点でまだ迷っているという人や、とりあえず電子タバコというものを試してみたい!という人は「使い捨てタイプ」がおすすめです。使い捨てタイプは、コンビニや家電量販店などで購入することができ、最近取り扱いしているお店は増えています。部品の取り付けなどもなく、箱から出したらすぐ使用できるようになっていて、簡単にお試しできるというメリットがあります。使い終わったらすぐに処分できるため、カートリッジの洗浄や交換したりする手間や、リキッドを注入する必要もなく、手軽に電子タバコを楽しめます。

vapeのおすすめできる点は、フレーバーの豊富さです。フルーツ系やフローラル系など、自分好みのフレーバーを選んで、楽しむことができます。